Bike Pit Dax

当店で行っている様々なサービス

当店で行っている様々な作業を画像と説明文でご覧頂けます。

 

各種サービス内容に関しましては、作業もご依頼も承っておりますし、お客様ご自身で「設備レンタル」にて行う事も可能です。

バイクシート表皮の張替え作業。

猫の爪に引っかかれて切れてしまったバイクシート。

 

 

新しいシート表皮と張替え作業を致します。(*^。^*)

 

 

@まずはシート表皮を止めているタッカー針を抜いて古いシート表皮を剥がします。

 

 

 

A次に防水用のビニールシートを中に入れ、その上から新しいシート表皮を被せます。

 

 

 

Bまずは前後のシート表皮をタッカー針で仮止めをします。

 

 

 

C前後・左右の表皮を引っ張りながらタッカー針を打ち込んで固定していきます。

 

 

 

Dシート表皮に偏りはないか?弛みはないか?を確認しながら全体の表皮をタッカー針で固定していきます。
 それで完成です!

 

 

 

こんな感じで新しいシート表皮を貼っていきます。
いかがでしょうか?
古くなったシート表皮を張替えしてみませんかぁ?(*^。^*)

サンドブラストキャビネットによる部品研磨作業。

アルミ材や鉄材のサビや塗装剥がれを綺麗に剥離致します。

 

今回はホンダ TODAY・Dioの4サイクル系キャブレターを使ってサンドブラストしてみます。

 

 

ブラストメディア(剥離材料)はアルミナサンド#60とガラスビーズ#100を使っております。
サビや酷い汚れにはアルミナサンド#60を使って強力な研削力で表面を削ります。
比較的綺麗な表面や艶出しの仕上げなどにはガラスビーズ#100を使って研磨致します。

 

 

@まずはキャブレター内部にブラストメディアが入らないよう穴部分をテープを使ってマスキング致します。

 

 

 

Aブラストキャビネット内でガラスビーズを吹き付けて表面を研磨していきます。

 

 

 

B仕上がりましたらエアーガンで表面に付いたブラストメディアを吹き飛ばします。
 それで完成です!(*^^)v

 

 

 

古くなった材料をピカピカに再生致します。
通常、ワイヤーブラシなどでは届かない奥の部分もブラストならば綺麗に研磨する事ができます。

 

このブラスト作業は「設備レンタル」も行っておりますので、お客様ご自身でお使いになる事も可能です。
もちろんご依頼頂ければ当店でも研磨作業を承っておりますので、お気軽にご相談ください。

 

サンドブラストキャビネットは350Lタイプを使用しておりますので、モンキーやCB50系程度のエンジンであれば余裕で丸ごと磨く事ができます。


inserted by FC2 system